夏の澄んだ青空の日に上るJRタワーからの景色は、夜景に負けず劣らず素晴らしい景色です。
特に西側は、すぐそばに円山や藻岩山などの山々が街に迫り、その緑が大変きれいに見えます。
札幌の街はもちろん、遠く暑寒別岳や恵庭岳、石狩湾や小樽も見渡せる360度パノラマビューです。
[ 冬の展望室 ] [ 夜の展望室 ] [ さっぽろ写真館へ戻る ] [ トップページへ戻る ]

エレベーターを降りて、まず正面に広がるのが、この北サイド。まっすぐにのびる北海道らしい街並み。
この日のように天気が良い日には、遠方に増毛連山の暑寒別岳なども見渡すことができます。
北西
眼下には北海道大学の豊かな緑が広がり、ポプラ並木も見えますね。すぐ後ろは札幌競馬場です。
遠方には真っ青な日本海も見ることができます。
西
市街地に山並みが迫り、独特の景観を作り出している山の手エリアです。
眼下をJR函館本線が走り、手稲・小樽方面へ次々に列車が発車していきます。
展望台の中の様子(西)
各窓に2脚ずつ椅子が置かれ、ゆっくりと札幌の景色を眺めてもらえる様に配慮されています。
昼は混雑していないので、ゆっくりと椅子に座って、景色を楽しむことができます。
西の窓から
椅子に座ると、正面に青空に映えた緑の美しい山々が見え、とっても癒されます。
一番右に見えている山が、現在テレビ塔に代わって電波を発信している手稲山です。

さっぽろの中心地、大通&すすきのを抱え、高層ビルが多く立ち並ぶ南サイド。
昼だとちょっと見にくいですが、テレビ塔も見えます。遠くには支笏湖にある恵庭岳も顔を覗かせています。
南サイド 「T Cafe」
ゆっくりコーヒーや紅茶を飲みながら、景色を楽しめるようにカフェもあり、300円前後と値段も手ごろです。
夜はお酒も用意され、おしゃれなバーとして夜11時まで営業しています。
南の窓から
「T Cafe」がある南側の窓からは、さっぽろの中心街はもちろん、藻岩山の姿も間近に見ることができます。
JRタワーからの夜景も素晴らしいですが、向こうの藻岩山の夜景はさらに3倍の高さがあり、また絶景です。

北海道で一番広い石狩平野がどこまでも続く東側。工場が多いエリアですが、再開発が盛んで宅地化が進んでいます。
札幌駅の1つ隣、苗穂駅にはJR苗穂工場があり、たくさんの列車が留置してある姿を見ることができます。
スーパーおおぞら4号 到着
すぐ下は札幌駅ホームですから、列車が次々に発着し、鉄道ファンにはたまらない眺めです。
特に東側は複々線で旭川・函館・釧路方面全ての特急列車が行き交うため、簡単に特急列車に出会えます。
駐車場の屋根
駅の屋上は駐車場になっていて、その屋根にはさっぽろ周辺の観光地への方角を示す矢印が描かれています。
−JRタワー展望室T38− 公式ホームページ
※アクセス
JR札幌駅直結「ステラプレイス」6Fに展望室入口があります。
※営業時間
10時〜23時(22時30分最終入場)
※入場料金
通常料金:おとな700円、中・高校生500円、小学生・幼児300円
割引料金:札幌駅構内観光案内所、地下街「APIA」のインフォメーションカウンターに100円引の割引券があります。
また、さっぽろステラプレイス6Fで食事をすると、同じ100円引の割引券がもらえます。
[ 冬の展望室 ] [ 夜の展望室 ] [ さっぽろ写真館へ戻る ] [ トップページへ戻る ]
inserted by FC2 system